お出かけレポ

【奈良】子供連れで月ヶ瀬村の梅まつりへ!食べて眺めて梅づくし!

こんにちは、ヤス(@yasu)です

今回は2歳の娘を連れて、梅林で有名な奈良の月ヶ瀬村に行ってきました!

毎年2月〜の梅の開花時期には「梅まつり」が開催されています

春の訪れを感じる絶景が広がっており、そんな絶景を眺めながらの食べ歩きは最高でした♪

たくさんの写真とともに月ヶ瀬梅林の魅力を紹介していきたいと思います!

月ヶ瀬梅渓梅まつりに行かれる方は参考にしてもらえると嬉しいです

また、月ヶ瀬湖畔は実は桜も有名です♪梅が終わっても次は桜もありますよ〜!

この記事でわかること
  • 月ヶ瀬梅林の絶景
  • 月ヶ瀬梅林のおすすめスポット
  • 月ヶ瀬梅林のおすすめランチ 
  • 月ヶ瀬梅林の駐車場・アクセス情報
  • 梅まつりをスムーズに観光するための事前情報
子供連れの行きやすさ
4 out of 5 stars (4 / 5)
子供が楽しめる                   
3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
大人が楽しめる                    
5 out of 5 stars (5 / 5)

月ヶ瀬梅林の魅力

月ヶ瀬梅林は奈良県奈良市月ヶ瀬尾山とその周辺にある梅林のことを言います

とても川幅の広い五月川の渓谷沿いにたくさんの梅の木が並び、その様子から月ヶ瀬梅渓とも呼ばれています

1万本以上の鮮やかな梅の木が広がっており、大正11年に日本初の名勝に指定されました

令和4年3月8日に国の名勝指定100周年を迎えることになります

毎年2月中旬から3月下旬にかけて「梅まつり」が行われており、多くの人が春のポカポカ陽気の中でウォーキングやお花見を楽しんだり、有名な梅のソフトクリームを食べ歩いている方も見かけます

そしてやはり1番の魅力は丘の上から見下ろす月ヶ瀬梅渓の絶景です!この絶景を写真に収めようと多くの人が一眼レフやスマホを持って各々に撮影を楽しんでいます

月ヶ瀬村梅まつりの時期と梅の開花情報

毎年2月中旬頃から3月末にかけて「月ヶ瀬梅渓 梅まつり」が開催されます

梅の見頃は2月下旬から3月中旬です!

気候によって見頃の時期は多少前後するため、月ヶ瀬観光協会 公式HP開花情報にてご確認ください!

また、月ヶ瀬湖畔の桜の見頃は例年4月上旬から中旬です!

月ヶ瀬梅林のアクセスとおすすめ駐車場

アクセス

電車の場合

JR・近鉄奈良駅より奈良交通「尾山」または「梅の郷月ヶ瀬温泉」行きバスで約80分

伊勢鉄道「上野市駅」より三重交通「桃香野口」行きのバスで約30分

車の場合

住所:〒630-2303 奈良市月ヶ瀬長引21-8 (月ヶ瀬観光協会)

電話:0743-92-0300 

駐車場は次項を参考にしてください↓

おすすめの駐車場

ロマントピア月ヶ瀬の駐車場

我が家は「ロマントピア月ヶ瀬」という施設に停めました

そこから徒歩10分以内で月ヶ瀬梅渓エリアに到着することができます

250台程度駐車できますが、梅まつり期間(特に見頃)は満車になることもあり、その場合、停めるのに待ち時間が必要になります

我が家は3月上旬の昼前頃に到着し、5分程の待ち時間で駐車できました

ロマントピア月ヶ瀬には地域の特産品の販売があり、また梅まつり期間はお弁当の販売もあるので便利です♪

駐車料金:600円 (梅まつり期間以外は無料)

月ヶ瀬行政センター前駐車場

月ヶ瀬梅渓への入口から徒歩3分の位置にあります

駐車場料金は600円程度だと思います

ロマントピア月ヶ瀬(shopあり)

営業時間9:00~17:00
開館日毎週水・土日曜日(梅まつり期間中は毎日)

ロマントピア月ヶ瀬には、月ヶ瀬ならではの様々な特産品が販売されています

また、梅まつりの時期には地域の特産物をふんだんに使ったお弁当も販売されています!

ヤスパパ

梅林の中でレジャーシートを敷いてのんびりと昼食を食べたい方は、こちらでお弁当を買っておくと良いと思います

また、夏は梅の実採り、茶摘み体験ができたり、 年間を通して餅つき体験・紅茶作りなどの体験も可能です(予約要)

梅まつりの時期を除いてテント泊のご利用も可能です(予約要)

ロマントピア月ヶ瀬 公式HP

施設の中にたい焼きの販売所があります

たい焼きの味も食べてみたくなるメニューが並んでいました↓

まっ茶皮のつぶあん200円
ほうじ茶皮の白あん200円
カスタード200円
月ヶ瀬のいちご&カスタード250円

「まっ茶皮のつぶあん」と「月ヶ瀬のいちご&カスタード」を購入し、妻と娘とシェアして食べました

モチモチの皮と、餡子の程よい甘さで疲れも癒されました!

2歳の娘はいちごばかり食べてました(笑)

月ヶ瀬梅林散策情報

梅香庵で梅のジュースを飲みました!

梅香庵の前には地域の特産品がずらーっと並んでいます

また喫茶コーナーがあり、ちょっとひと休みするのにちょうど良い感じです

屋外にも和風のテーブルとベンチが並んでおり、そちらで梅ジュースをいただきました

1つは炭酸水割りにしました

すっきりとした甘さで、2歳の娘も初めての味に最初はやや不思議そうな顔をしながらも、何回もグラスを口に運んでいました

2歳だとまだ炭酸は飲めませんが、どちらも飲み比べしてみて個人的には炭酸水割りがおすすめです!

梅林のお花見スポット

梅香庵の前に梅林へ入る小道があります

梅の木にがトンネル上に連なった小道が続きます

360度梅林に囲まれた広い野原はまさにお花見スポットです!!

レジャーシートを敷いて、のんびりとお弁当を食べるのも良いですね♪

梅の里ふれあい館

梅の里ふれあい館には、地域の特産品やお土産がたくさん販売されていたり、梅のソフトクリームの販売があります

梅のソフトクリームは酸っぱさはなく、程よい甘さで娘も喜んで食べていました

気温が高めの日はぜひ堪能してみてください♪梅のさっぱり感がたまりません!

店内奥には軽食スペースがあり、月ヶ瀬梅渓の景色を眺めながらゆっくりと休憩することができます

心地よい風が入ってきて、とっても気持ち良い空間でした!

みおろし茶屋から見る月ヶ瀬梅渓はまさに絶景!

茶屋の前にはしだれ梅が並んでいます

ここから見る月ヶ瀬梅渓の景色はまさに絶景です!

観光客の写真スポットにもなっています!

インスタ映え間違いなしですね!笑

うぐいす茶屋で梅うどん

月ヶ瀬梅林のウォーキングコースの中には、いくつか昼食を食べられる茶屋がありますが、我が家は「うぐいす茶屋」に立ち寄ることにしました

梅うどんを注文!(上の写真)

おいしい出汁に徐々に溶け込む梅の香り…

本場の梅は酸っぱい!けど食べたくなる!!

最後の一滴まで飲みほしました

具のしいたけも味がしみていて、めっちゃおいしかったです

2歳児は酸っぱい味は食べられないなので、梅の味が溶け込む前に先に取り分けて与えました

梅の香定食も注文しました!

本来は梅にゅうめんだったのですが、人気で売り切れていたため、代わりにこちらも梅うどんになりました

紅ますの甘露煮や梅のこんにゃくも、優しい味でとても食べやすかったです

ちょっと足りない時のおでん!

味がしっかりしみていておいしかったです!

座敷とテーブル席があります

座敷からは、窓の外すぐ側の梅林、そしてその向こうにある五月川の絶景を見下ろすことができます

うぐいす茶屋のメニュー

お子様連れがスムーズに観光するための事前情報

子供にも貴重な経験をさせてあげることができて、有意義な休日になりました♪

関西に住んでいれば、一度は行かないと損!

なかなか見れる景色ではありません!

ただ小さなお子様連れで行く時は、普通より体力を消耗すると思います

最後に、お子様連れがスムーズに観光するための事前に知っておきたいポイントをいくつか取り上げたいと思います

  • 昼食はお弁当にするかお店で食べるか先に決めておく(お弁当はロマントピア月ヶ瀬に売っている)
  • お店で食べる場合は、梅まつり期間の土日は混み合うことと、メニューの売り切れも多くなるため、早めのランチを心がける
  • 子供連れだと引き返す体力は残らないので、食べ歩きで欲しいものが見つかれば、その時点で買って食べる
  • 探すのが大変なので、トイレは最初に済ませておく

以上、参考になれば嬉しいです