お出かけレポ

【和歌山】大阪屋ひいなの湯宿泊レポ!2歳児と海の見える特別客室へ! 

ヤスパパ

こんにちは、2歳児子育て中&視能訓練士のヤス(@yasu)です

今回は和歌山県和歌山市加太(かだ)にある『加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯』という温泉旅館の子連れ宿泊レポートです!

2018年にリニューアルした「海の見える和洋室」に泊まりましたが、ドアを開けた瞬間からかなりテンション上がります!!

前方には壁一面に広がる大きな窓と、そこから見える海と島!

リニューアルしただけあって、木の温もりを感じる和モダンのとてもおしゃれな空間!

この部屋だけでも大満足!でしたが、綺麗な夕陽と美味しい懐石料理に超快適な時間を過ごすことができました

2歳の娘も部屋中を走り回って喜んでいました♪

たくさんの写真を交えて紹介したいと思います

今回の宿泊評価は以下の通り!

子供連れの行きやすさ
4 out of 5 stars (4 / 5)
部屋の満足度                   
5 out of 5 stars (5 / 5)
料理の満足度                   
4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
温泉の満足度
4 out of 5 stars (4 / 5)
清潔感 
4 out of 5 stars (4 / 5)

加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯 基本情報

旅館の特徴と魅力について

『加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯』は創業200余年

淡嶋神社の参拝の方、釣り人をもてなす宿としての長い歴史があります

2018年夏、施設の老朽化を理由にリニューアルが行われ、旅館玄関やロビー、客室の一部が改装されました

海が見えるテラスや特別室の誕生やバリアフリー化、耐震補強工事なども行われ、とても魅力的な空間に生まれ変わりました

「ひいなの湯」の名前の通り、あちこちに演出された小さなひな人形達も魅力の一つです

大阪屋 ひいなの湯の魅力
  1. 旅館から見える漁師町としての佇まい、海に浮かぶ淡路島や四国の絶景を味わえる
  2. 「夕陽の宿100選」にも選ばれた美しい夕刻を味わえる
  3. 新鮮な海の幸を使ったおいしい創作和風会席が食べられる
  4. 加太の「真鯛」は明石、鳴門とならぶ全国でも屈指の好漁場
  5. リニューアルされたロビーや客室は木の温もりや和の趣を感じる癒しの空間
  6. お手軽な日帰りコースもある

「海の見える和洋室」から見える海と地元の小さな漁港は、日々の忙しさを忘れられる非日常の癒しでした

加太港の昼過ぎ(客室より)
加太港の夜明け(客室より)
淡路島に沈む夕陽(湯上がり処より)

旅館の概要

『加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯』の概要をチェックして、間違いのないようにしましょう!

チェックイン/アウト15:00 / 10:00
客室20室
お食事処旬魚旬菜 和風ダイニング あくら
無料Wi-Fiあり
アメニティタオル類、シャンプー、ボディーソープ、浴衣、歯磨きセット、
洗顔化粧水、電気ケトル等
駐車場あり(無料)

交通アクセスと地図

車の場合

住所:〒640-0103 和歌山県和歌山市加太142

電車の場合

南海加太線・加太駅下車徒歩20分

送迎をご希望のお客様はあらかじめ到着時刻の連絡が必要です
送迎サービスは18時までです
※日帰り利用の方は10時50分に送迎サービスがあります(要予約)

駐車場について

駐車料金:無料

ヤスパパ

チェックアウト後に周辺を観光する際も停めさせてもらえないか尋ねたところ、心よくOKをいただき、非常に助かりました♪

感謝です♪

我が家の利用プランと宿泊料金

じゃらん【2食付】海の見えるリニューアル和洋室★月ごとに替わる人気の旬会席

ご朝食は和定食+ハーフバイキング
夕刻よりフリーラウンジ利用可

女性は30種類の中から選べる色浴衣、貸出し付き(お子様も浴衣を選べます♪)

大人2名、子供1名

子供食事あり・布団なし

合計金額:57,200円(税込)

では宿泊レポートいきましょう♪

加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯 宿泊記

リニューアルしたロビー・ラウンジ

玄関を入るとおしゃれな和風の格子の作りがまず目に入ります

靴を脱いだ先には、シンボル的存在のお雛様が出迎えてくれました

全面畳張りのロビーをスリッパ無しで歩きます

温かみのある畳の感触が、より旅の疲れを癒やしてくれます

2歳の子供がはしゃいで転倒しても安心安全です♪

和の趣を感じるどこか懐かしい作りと現在のモダンなスタイルが融合したような、おしゃれで落ち着くロビーが広がっています

お部屋へ向かう前に、女性はロビー奥にある浴衣置き場で色浴衣を選ぶことができます(無料貸し出しサービス)

男性は落ち着いた柄の浴衣で、サイズのみ選択可能です

2歳の娘もかわいい浴衣を選ばせていただきました

思い出に残る子供のかわいい写真もたくさん撮れて嬉しいサービスでした

ロビーに隣接した位置にあるラウンジは木をふんだんに使った和モダンな作りになっています

色んな形のおしゃれな椅子やテーブルがあり、どの場所にいても癒やされます

ジブリなどの優しいBGMが流れており、ゆったりとした気分にも浸れます

カウンター席には携帯の充電用コンセントもついています

おもてなしのお団子とお茶をいただきました

みかんのソースがかかっていました

ラウンジには無料で利用できるドリンクコーナーもあります

コーヒーや紅茶、ハーブティ(ローズレッド、カモミールジャーマン、ラベンダー、レモングラス、ラズベリーリーフ)などがあります

子供も楽しめるパズルや謎解き玩具等、ちょっとした遊び道具もあります

子供連れにはありがたいサービスですね♪

ラウンジからは海の見えるテラスへと出ることができます

季節毎に色んなシチュエーションで楽しめます

沈む夕陽を見ながら…夜風を浴びながら…

夜のラウンジも昼間とはまた違ったおしゃれな雰囲気が漂っていました

温泉に浸かった後や夕食後にのんびりとくつろげます

夜はプロジェクターで洋画が投影されています

夜のテラスは、淡島神社の鳥居のライトアップが目の前に見えています

リニューアルした特別客室【海の見える和洋室】

冒頭にもありますが、ドアを開けて飛び込んできたこの景色にまずテンション上がります!!

『加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯』には特別客室と一般客室があり、特別客室の中でも我が家が泊まった「海の見える和洋室」は、2018年に唯一リニューアルされた客室です!

綺麗で清潔感のあるお部屋で、和モダンスタイルのおしゃれな空間です

この部屋はベッドで2名、和室のお部屋にお布団で2名の計4名までが利用可能です(禁煙客室)

断言します!部屋に入って、まず向かう場所は窓際です!!

部屋の横幅をフルに使った大きな窓から見える開放的な景色は圧巻です!

おしゃれな木のカウンターの前に座り、大海原に浮かぶ島々や小さな漁港を眺めます

2歳の娘も大きな海や悠々と空を飛ぶ鳥にテンションは最高潮!!

お部屋はバリアフリーになっていて、小さなお子様連れにもありがたい作りです

洗面脱衣室やトイレへの入り口も引き戸になっていて、出入りもスムーズで安全です

ベッドはシモンズ社製の物を導入されています

小さなお子様と添い寝をする場合、ベッドから落下すると危ないので、畳スペースに布団を敷いて寝る事も可能です

押し入れに予備のマットレス等が入っています

ベッド後方の間接照明もおしゃれな埋め込み型になっていて、適度な明るさで眩しさも感じません

それぞれのベッドの頭元には個別に読書灯も設置されており、調光式になっています

トイレも清潔感があり、和風の手洗いボウルがついています

2歳の子供連れということもあり、オムツ入れも置いてくれていました

洗面脱衣室は広めの洗面スペースと高級感のある作りになっています

その奥にシャワールームがあります(浴槽はありません)

夕食は大満足の海鮮会席料理!真鯛は超一級品!

旅行の醍醐味はやっぱり豪華な夕食ですね!

こちらの旅館の夕食は「旬魚旬菜 和風ダイニング あくら」というお食事処でいただきます

人数に合わせて、落ち着いた個室から、グループでの宴会用スペースまであります

その日に水揚げされたばかりの豊富な海の幸をオープンキッチンで調理してくれます

店内には生け簀や水槽があります

2歳の子供連れなので、半個室の部屋を用意してくれました

子供の夕食ありのプランにしていたので、子供にも豪華料理も用意していただけました

子供が好きな王道料理が並んでいて、娘もとても喜んでいました

料理を取り分ける子供用のお椀は店員さんに声をかけると持ってきてくれました

子供用の椅子もありましたが、やや汚れが目立っていたので、ここは少しマイナスポイントです

大人の会席料理は紀州加太の旬素材をふんだんに使ったお料理がでてきます(※春夏秋冬で内容が変わります)

我が家はいただいたのは3月の会席料理です

説明書きは達筆すぎて、解読困難でした(笑)

先付けとして蛤(はまぐり)と春菊の茶碗蒸しをいただきました

春を感じる優しい味でした

お造りはとにかく新鮮で、脂のノリも抜群でした

特に鯛(たい)のお造りは妻と目を見合わせながら「美味しい」の連呼

栄螺(さざえ)も苦味はなく、とても食べやすかったです

生山葵(なまわさび)を自分ですって、お造りに添えて食べます

夫婦でお酒はあまり飲めないので、ドリンクはみかんソーダとゆずソーダを注文

果実の甘味と微炭酸が絶妙に合わさって、体に染み渡ります

疲れた時にもおすすめですっ♪

写真を撮り忘れましたが、珍しい烏賊(いか)のしゃぶしゃぶもいただきました

薄めの塩辛ソースに付けて食べます

とてもまろやかな味です

揚げ八寸としては、紀州うすい豆、蛍烏賊(ほたるいか)、桜鯛紀州手毬寿司、鰯(いわし)紀州煮、菜の花芥子和合、煎り玉子、白魚の霞揚げをいただきました

春の季節にぴったりのかわいらしい盛り付けで、とても上品な味を楽しめました 

その中でも白魚の霞揚げは、パリパリした食感で、お菓子感覚で止まらないおいしさでした

紀州ぶどう山椒塩をまぶして食べますが、抜群の相性です

2歳の娘も何度もおかわりを要求してきて大変でした

次は「竹の子と豌豆の道明寺蒸し、吉野餡かけ」

お腹に優しいまろやかな味でした

会席料理も終盤にさしかかり、留椀として袱紗(ふくさ)味噌仕立てをいただきます

袱紗味噌仕立てとは、みそ汁の仕立て方のひとつで、合わせ味噌仕立ての一種です

春あさりの入ったやや濃い目のお味噌汁は、次に来る鯛釜飯とも相性ぴったりです

そして、この鯛釜飯のおいしさにびっくり!!

妻も「こんなに臭みもなく、おいしい鯛の釜飯は初めて!」と感動していました

プルプルの桜鯛の身がたくさん入っています

最後はとてもサッパリしたデザートでした!

朝食は和定食+ハーフバイキング!

朝食も夕食と同様で「旬魚旬菜 和風ダイニング あくら」というお食事処でいただきます

前日に朝食の希望時刻を聞かれるので、午前6時〜午前8時の間で希望時刻を伝えます

お食事処に向かうと、基本の和定食は配膳されていました

小鉢に入った和風のメニューはどれも優しい味付けです

2歳の娘も「食事あり」のプランをお願いしていて、メニューは基本大人と同じ内容でしたが、焼き魚だけは子供は骨無しの白身魚を用意してくれていました

↑子供用の焼き魚
↑大人用の焼き魚

お味噌汁もしじみがたくさん入って栄養満点!朝から元気が湧いてきます!

朝食の定番「だし巻き卵」ももちろんあります!

朝食はハーフバイキングとあって、筑前煮や魚の煮付け、蒸し野菜などを自由に取りに行くこともできます

ジュース類やコーヒー等も自由にいただけます

2022年3月現在、コロナ感染予防対策として、バイキング時はマスク使い捨てのビニール手袋を着用するように言われました

展望露天風呂

屋上にある露天舟風呂露天岩風呂が有名です

ひいなの湯の泉質は炭酸ナトリウム塩化物泉、美人の湯として特に女性に喜ばれているようです

露天風呂以外にも、室内の大浴場や貸切風呂、露天風呂付きの客室もあります

詳しくは加太淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯公式HP温泉をご確認ください!

自分が行った時(3月上旬)は、高めの柵がされていたので、露天風呂に入りながら海の景色を見ることはできませんでした

室内の大浴場からは海や夕陽が見えました♪

湯上がり処からも夕陽がとても綺麗に見ることができます↓

まとめ

『加淡島温泉 大阪屋 ひいなの湯』という温泉旅館の「海の見えるリニューアル和洋室」に宿泊してみて、部屋も料理も大満足でしたが、1番良かったなと思うことは、2歳の娘がとても喜んでくれたことです

小さな子供連れでの旅行は正直大変です…

なかなかスムーズに物事が進まないとイライラすることもありますよね

でも振り返ってみると、子供が客室の大きな窓越しに広い海を見て目をキラキラさせて喜んでくれたこと、あの嬉しそうな笑顔は忘れられません

また絶対行きたい場所になりました!

子供連れで旅行に行かれる方はぜひ「海の見えるリニューアル和洋室」に泊まってみてくださいね♪

だるま

家族の思い出は人生の財産やな!