お出かけレポ

【名古屋】2歳の子供とレゴランドに!知らないと損!無理なく楽しむコツ!

こんにちは、ヤス(@yasu)です

妻と2歳の娘で名古屋のレゴランド・ジャパンに遊びに行ってきました

今回は実体験からレゴランドを無理なくスムーズに楽しむ方法を記事にします

この記事は小さなお子様連れでレゴランド・ジャパンへ行こうと考えている方向けに書きました

ぜひ行く前に目を通していただき、役立てていただければと思います

マップはこちらから → LEGO LAND JAPAN RESORT公式HPリゾートマップ

子供連れの行きやすさ
5 out of 5 stars (5 / 5)
子供が楽しめる                      
5 out of 5 stars (5 / 5)
大人が楽しめる                      
4 out of 5 stars (4 / 5)

レゴランドに到着!!

到着したのは午前10時半頃

有名なレゴランドホテルが見えるとテンションが上がってきました

駐車場はどこ?

レゴランド自体に駐車場はないので注意です

直結している「金城ふ頭駐車場」に停めると便利です

立体駐車場になっていて、3階にレゴランドへの連絡通路があります

駐車料金
普通料金(60分): 500円
平日最大 : 1000円
休日最大 : 1500円
※最大料金は入庫より24時間まで
※料金支払いは3階連絡通路付近にある精算機で車に乗る前に済ませます

チケット情報(料金、種別等)

1DAYパスポート

【 ピーク時 】

前日/当日2〜6日前7日前
大人
(13歳以上)
7100円6400円5700円
子ども
(3歳〜12歳)
4600円4200円3700円

【 オフピーク時 】

前日/当日2〜6日前7日前
大人
(13歳以上)
5100円4900円4600円
子ども
(3歳〜
12歳)
3800円3600円3400円

※2歳以下は入園無料

※シーライフ名古屋への入場券がセットになっているコンボ1DAYパスポートは+500円になります

※土日祝日、年末年始、夏休み、春休みはピーク金額に設定されていることが多いです。詳しくは公式HPで確認してください。

LEGO LAND JAPAN公式HPチケット

年間パスポート

【3歳〜12歳】4600円〜

【13歳以上】7100円〜

価格や特典が異なる3タイプの年間パスポートがあります。詳しくは公式HPにて確認してお選び下さい。

LEGO LAND JAPAN公式HP年間パスポート

レゴランドのホテル

せっかくレゴランドに来ているので、ホテルもレゴの世界を満喫したいところ!

人気のホテルで予約が埋まりやすいため、興味がある方はぜひ早めのチェックを!

レゴランド・ジャパン・ホテルの魅力
  1. ホテル細部にわたって、レゴの世界が再現されている!
  2. 全部屋にキッズ専用ルームがある
  3. 主役は子供!自由に触ったり、選んだり、冒険したりと子供がとにかく楽しめる!
  4. 宝探しミッションがある!
  5. 客室は「キングダム」「パイレーツ」「アドベンチャー」「レゴニンジャゴー」「レゴフレンズ」の5種類のテーマから選べる
チェックイン時刻16:00
チェックアウト時刻11:00

パークに隣接しており、とても便利です!

パークで遊び疲れても、そのままホテルで一休みできますね♪

【4つ星】ニッコースタイル名古屋に宿泊!部屋に朝食に全てが一級品! こんにちは、ヤス(@yasu)です 今回は名古屋への家族旅行(妻と2歳の娘)で宿泊したホテルがとても快適過ぎたので、ぜひ...

レゴランドに入場!営業時間は?

連絡通路を渡り、Makers Pier(メイカーズピア)というショップの複合施設内を通過するとレゴランド入り口が見えてきます

レゴで作られたオブジェがたくさんむかえてくれます(クオリティがすごいです!)

2歳の娘は自分より大きいオブジェに最初は少し怖がっていましたが、すぐに慣れてあっちこっちに走りまくりでした(大変)

3歳以上は基本マスクの着用をお願いされますよ〜(R3年8月現在)





入場してすぐにパンフレット置き場がありますのでお取り忘れのないように!

お土産を買うベストタイミング

入場ゲートを入ってすぐ左に大型のお土産ショップ(THE BIG SHOP)があります

自分たちはお土産ショップに帰り際に寄ったのですが失敗でした

『入場してすぐにお土産を購入し、コインロッカーに預ける』正解だと感じました

理由は…

帰り際はショップが混み合っている中、走り回る2歳児を疲れ切った大人が面倒見ながらお土産を落ち着いて見れるわけがありません(笑)

コインロッカーは入場ゲートを入って右側、お土産ショップ(THE BIG SHOP)の向かい側付近にあります!

自分たちはヘトヘト、イライラ状態になりつつも、子供のキャップだけはなんとか購入できました

このキャップはお気に入りです!色は他にピンクと紺色がありました

他にもパーク限定のレゴ、レゴの形のリュック、キーホルダー、お菓子類などが販売されていました

レストランで昼食を食べました(店紹介)

ナイト・テーブル・レストランへ

マップ左上の「ナイトキングダム」エリアにあるナイト・テーブル・レストランに入りました

中は広くて屋外席もあります

メインメニューとキッズメニューは全てドリンクバー付きです

注文したどのメニューもとても美味しくいただきました!

頼んだメニューについて紹介していきます

【注文メニュー】ゴードンゾラのキッズセット

価格(税込):1200円

※オリジナルポップバッジ付き

ボリュームは多めで2歳の子供だと半分ぐらいでお腹いっぱいって感じでした

レゴブロックの形をしたポテトがついていて、娘はそれが1番好きそうでした

【注文メニュー】海賊のごちそうステーキセット

価格(税込):2980円

※海賊柄ポップバッジ付き

柔らかくとっても美味しいステーキでした!

焼き加減はミディアムです

【注文メニュー】海賊の宴セット

価格(税込):2500円

※キーチェーン付きは2980円

骨つきウインナーはこんがり焼けてて宴っぽい印象をだしています

個人的にはスペアリブが甘辛で柔らかくて1番好きでした

ちょっと早めの昼食がオススメ!

子供の赴くままにパーク内を移動していると、ナイト・テーブル・レストランのさんが「これから混み合うので早めが良いですよ〜」と教えてくれて店に入ることにしました

午前11時過ぎぐらいでした

のんびり食事をしていると11時半を過ぎた頃から急に人が増え出し、あっという間に店内は満席になりました

屋外テーブルは空いてましたが真夏の今の時期はキツすぎます

小さいお子様との食事はパパママにとっては大仕事だと思うので、混んでいない時間帯(午前11時頃)の食事をオススメします

遊んだアトラクション紹介(2歳の子供と楽しめる)

コースト・ガード・エイチキュー

利用制限:年齢制限なし、130cm未満は付き添いが必要
エリア:レゴ®︎シティ
タイプ:ライド、水濡れあり
所要時間:5〜10分程度

モーターボートに乗って水上をパトロールするアトラクションです

アクセルを踏むと前にすすみます

ハンドル操作も必要で、お子様と協力してボートを前に進めます

2歳の子供はハンドルを逆にばかり回すので壁にぶつかってばかりでした(笑)

※そんなにスピードはでないし、壁にもクッションがついているのでぶつかっても安心です

ロスト・キングダム・アドベンチャー

利用制限:身長制限なし、130cm未満は付き添いが必要
エリア:アドベンチャー
タイプ:ライド、屋内アトラクション、回転あり、写真撮影あり
所要時間:5分程度

冒険用の車に乗って古代遺跡の探検に行きます

備え付けのレーザー銃で的を撃ってポイントをゲットします

レーザー銃横の画面にポイントが表示されるので2人で競い合うことができます

※子供を膝の上に抱っこして乗ることは禁止でした

 2歳の子供が座面に座ったままでは銃に体が届きにくいため、銃で撃って遊ぶのはやや困難です

サブマリン・アドベンチャー

利用制限:身長制限なし、130cm未満は付き添いが必要
エリア:アドベンチャー
タイプ:ライド、屋内アトラクション、写真撮影あり
所要時間:5〜10分程度
※当日の混雑状況により整理券配布する場合あり

潜水艦に乗り込み、海底を探検します

潜水艦の窓からは80種類、約2000匹以上の本物の魚を見ることができます

レゴブロックで作られた魚や遺跡もあり、良い感じに融合しています

フラッシュなしで写真撮影も可能 です

鮫を写真に収めましょう!

だるま

名古屋の水族館と言えば、名古屋港水族館も外せへんなー!

オブザべーション・タワー

利用制限:身長制限なし、130cm未満は付き添いが必要
エリア:ブリックトピア
タイプ:ライド、回転あり
所要時間:5〜10分程度

パーク中央付近にある約60mのカラフルなタワーです

円形の乗り物に乗って回転しながら登っていきます

360°回転するのでパークを一望できます

高速道路やブリッジ、名古屋市の海岸線、大きな船も見えます

緩やかに動きますので怖さはあまりありません

デュブロ・バレー

利用制限:3〜5歳オススメ
エリア:ブリックトピア
タイプ:プレイエリア、屋根あり

屋根があり、小さなお子様を遊ばせやすい場所です

等身大のデュブロブロックでできたプレイエリアで、自由に遊び回れます

床が柔らかくなっているため、安心して遊ばせることができます

2歳の娘は何度もすべり台ですべったり、おもちゃの家に隠れたりして遊んでいました

デュブロ・エクスプレス

利用制限:身長制限なし、130cm未満は付き添いが必要
エリア:ブリックトピア
タイプ:ライド、屋根あり
所要時間:3分程度

デュブロ・バレー内に小さな動く汽車に乗って遊べるデュブロ・エクスプレスというアトラクションもあります

しっかりベルトで固定しているので安心です

2人乗りなので、パパは基本写真係です

スプラッシュ・バトル

利用制限:身長制限なし、130cm未満は付き添いが必要
エリア:パイレーツショア
タイプ:ライド、水濡れ
所要時間:5分程度

海賊船に乗って敵船との水鉄砲合戦が始まります

敵船や陸の上の敵から攻撃され、びしょびしょになります

水鉄砲は手元にあるハンドルを強く回せば水の勢いが増します

敵船に狙いを定めて思い切りハンドルを回しましよう!

これは大人も子供も大騒ぎです!

※子供を膝の上に抱っこして乗せることは禁止です

2歳の子供が座面に座ったままでは水鉄砲のハンドルに体が届きにくいため水鉄砲を持って遊ぶのはやや困難です

ブリック・パーティ

利用制限:身長制限なし、130cm未満は付き添いが必要、2歳以下のお子様にオススメ
エリア:ブリックトピア
タイプ:ライド、回転あり、屋根あり
所要時間:5分程度

動物やバイクなどの乗り物に乗って、上下しながらくるくる回転します

いわゆるレゴのメリーゴーランドです

2人以上で乗れる乗り物もあり、小さいお子様も安心です

1人用の動物やバイク等に乗る場合は、親が横で子供を支えていれば可能です

夏場はアイスファクトリー(休憩)

夏は水分補給と休憩は必須です

火照った体をクールダウンさせるべく、アイスファクトリーというお店で親はフロート、子供はアイスを注文しました

数種類のアイスクリームやフロート、ソフトドリンクが販売されていました(R3年8月)

※季節によって内容は異なるかもしれません

『さわやかヨーグルトフロート&スプライト』を注文しました

ヨーグルトの爽やかな風味に、適度な甘さと炭酸の刺激が疲れた体に沁み渡りました

これ、めっちゃオススメです!!

ミニランドに脱帽です!

ミニランドとは

パークの中央付近に広がる『ミニランド』

日本国内の有名な都市や名所をレゴブロックで再現しています

これはずっと見ていたくなります!クオリティに脱帽しました!

10496352個のレゴブロックが使用されています

レゴランドに来たらこのエリアには絶対に立ち寄ってください!

写真を撮ったのでいくつか紹介します↓

ミニランドを写真で紹介します

一部、写真にて紹介させていただきましたが、ぜひ直接見て感動してもらえたらと思います

小さなお子様向けのサービス

小さなお子様と一緒に行動しているといろんなイレギュラーが起こります

むしろイレギュラーこそがレギュラーって感じですね(笑)

事前に知っておくと便利なパークの幼児向けサービスをまとめます

マップはこちらから → LEGO LAND JAPAN RESORT公式HPリゾートマップ

ベビーカー貸し出しサービス

事前に知っていたら絶対利用していました〜

レンタル料金:1台 1,000円

対象:生後1か月~4歳までご利用可能。体重18kg以下のお子様

レンタル場所:The Corner Shop(コーナーショップ)→入場口を入って少し歩いた右手側の建物の並びにあります

授乳室、おむつ交換台など

レゴシティエリア(パークの1番奥付近)にデュプロ・ベビーケアという無料で利用できる部屋が用意されています

室内は広くてかわいい造りになっています

最初から場所を把握しておくと、何かあっても慌てなくて済みますね♪

ファミリートイレ

パーク内のトイレには全てファミリートイレが付いています

ファミリートイレにはおむつ交換台があります

各エリアには最低1つ以上トイレがあるので、入場してすぐにもらうマップでトイレの場所をある程度把握しておくと良いと思います

最後に

今回は小さなお子様と一緒に名古屋のレゴランドジャパンを無理なくスムーズに楽しむ方法をまとめてみました

頑張って全部まわろうとしても、小さなお子様連れだとまずイレギュラーが起こるので難しいと思います

お土産を買うタイミングや昼食の時間、子供の年齢や身長からどのアトラクションが可能なのか、ベビールームの場所などを最低限確認しておいて、あとは自由って感じが無理なく楽しむコツかなと思います

以上、参考になれば嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました